ことりと暮らす夫婦の話

さっぽろ在住、子供が欲しい夫婦の、試行錯誤やあれこれ。

手術3日後

術後2日お休みをもらって仕事復帰。

体調的にはそこまで辛くなく出血も少量だったのですが、

気持ちのほうがまだちょっとついていかなくて休ませてもらいました。

仕事中に泣かれても困るだろうしな。笑

 

意を決して出社。

朝、更衣室で上司以外では一人だけ、

お子さんのいる方なので妊娠したことを話し

いろいろ相談させてもらっていた同僚さんに会い、

案の定泣き出す

よしよし、辛かったね、

上司には言っておくから落ち着いたらでておいで、

と置いてってもらう。

赤い目が落ち着くころ上司がやってきて

「これ、少しでも気持ちが落ち着く足しになればいいんだけど…」と

東京土産と、包装された、おそらく流産した人に向けた本をいただく。

ひーーーーん泣

みんなにはうまく言っておくからしばらく経ったらおいで、と言ってもらい

また少し泣かせてもらう。

 

その後、

副支社長に呼ばれ応接室で経過報告。

こんなやりづらい話題で時間をもらうのも申し訳なかったのですが、

「実はねえ」と

以前、奥様にも同じことがあった経験を話してくれました。

奥様は気持ちが塞いでしまって、一年ほど心療内科にも通っていたとか。

「結局立ち直るには、その後無事に産むまでかかった」とのことでした。

体も一週間はまともに動けなかったそうで

本当に大丈夫?しんどくないの?と体調の心配もしてもらって、

辛かったらなにも気にしないで休んでいいから、無理だけはしないで

と言ってくれました。

 

支社長にはいつの間にか妊娠したことが伝わっていて

(自分で言うのは時期を迷ったし、ぱらぱら休んでしまっていたので知れてても全然よいのですが)

ついこの間、

「聞いたよー体調はいいの?

絶対無理しないでね?」

なんて言ってもらったばっかりでこの結果となったわけだったのですが。

伝わってるからには、と挨拶に行くと

また応接に呼ばれ、

なんと支社長の奥様も同じ経験があると。

すごくプライベートな体験談を話してくれたり

異動前にいたところの部下の女性は

3回流産して、でも諦めないで

いま4回目の妊娠をしている、

と教えてくれたり。

ずいぶんと体調のこと気にしてくれてるな?とは思ったのですが

きっと辛い思いをしている奥様を側で見てきたからだったんでしょう。

 

めっちゃ励まされてる、

そして心配されてる、わたし。

卑屈になっているわけじゃないし

みんな心配してくれてるのはよくわかるけど、

同じ経験をした人からの励ましは

より沁みるというか。

 

そしてなにより、

ネットの情報で知ってはいたけど

現実として経験者は案外多いんだ、という事実が

わたしをようやく納得させてくれました。

たまたま、わたしの周りにはいなかっただけでね。

それを公表していない人ももちろんいるだろうし。

わたしだけ特別に不幸だったわけじゃない。

乗り越えた人はいっぱいいるんだ、

 

これで本当に、

不幸に浸るのはもうやめだ、と思えたのです。

がんばって復帰してよかったのかも。

 

周りの人には(話してもいいと思える人には)

突然3日も休んですみません、

実は手術をしてきた、

ということだけを話しました。

すごく驚いてとても心配してくれる人、

わたしがしんどそうだとやってたことを代わってくれる人、

「ここのお店に品物預けてあるから、帰りに受け取ってってね」といわれ、

寄ってみるとケーキが出てきて

チョコプレートには"大丈夫 大丈夫!"

なんてことをしてくれた人…

ありがたすぎて

それにまた泣けてくる。ほんと。

 

…もちろん、

みんながみんな好意的なわけではないですが。

嫌な思いしたことは、書かない!!笑

 

帰宅後、

いただいた本を夫と読みました。

 『ごめんね、ありがとう。』

ごめんね、ありがとう。 (?産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ?

流産してしまった赤ちゃんが

どうして生まれてこられなかったのか、

それにはどんな意味があったのか

を絵本のように柔らかく語ったお話。

正直、わたしは

天使になったとか空に帰ったとか

そういう考え方はしていないのですが

それでもじんわりしたし

(それよりも自分のお金を使ってでも

わたしを励ますためのことをしてくれたという事実がとても心に染みた)、

夫は涙ぐんでました。

 

うれしいな。

またがんばろー。

 

宣告から手術まで

遡って、

流産宣告を受け病院から帰った、次の朝。

 

明け方、

泣いていることに気づいて目を覚まし、

夫にポツリポツリと気持ちを話しては涙を流し、

眠る前、横になればまた思い出されて嗚咽を漏らし。

週末でまだよかった。

とても仕事に行けるような精神状態ではありませんでした。

 

やっと、やっとここまで来られたのに。

なんでわたしが?

どうしてわたしだけこんな目に合わなきゃならない?

周りはみんな出来て産めて、流産した人なんていないじゃないか。

そんなことばっかり考えていました。

 

そんななかで

夫は、

わたしが泣き出すたびに何も言わずにただ隣に来て、背中を撫でていてくれました。

なにもする気力がなく家事を放り出したわたしに(ごめん…)文句も言わず、

黙って家事をこなして終われば寄り添ってくれました。

 

やさしいなあ。

この人が好きだなあ。

ああ、この人の子供が欲しいな。

しみじみ思いました。

 

今思うと、それまでのわたしの思いは

「子供が欲しい」→育ててみたい・子供がいるってどんな感じ?

みたいな、「興味」が強かったような気がします。

それが、今更だけどこのときから明確に

「夫との子供が欲しい」に変わった。

 

そのまま伝えました。

「かなしくてたまらない。

でもやっぱり、(夫)くんとの子供が欲しい。

まだ今は、かなしみにどっぷり浸らせて欲しい。

だけど必ず立ち直るから、少しだけ待っておくれ」

 

夫は

「うん。

術後をして、

ちゃんと体調をもどして、

そうしたらもう一度がんばってみようか」

 

 もうやめようとは言わなかった。

よし。

大丈夫、まだわたしはがんばれる。

思う存分泣いたら、もう一度仕切り直しだ。

 

そんなふうな若干前を向いた気持ちで、

手術に臨むことができました。

掻爬手術

手術前日。

21時以降絶食ということでご飯を早めに済ませねば。

景気付けにお寿司食べよう!と揚々と近所の回転寿司に向かったのですが、

わたし今、体的にはまだ妊娠してることになってるじゃない?ということは抵抗力も落ちてる状態だよね?

万一中ったらヤバい…?

ということに順番呼ばれた直後に気づき。

大事を取ろうとすごすごと退店、結局その日は某HMのお弁当になりました。

いや、好きだけど、から揚げ。

 

何があろうと不眠と無縁なわたし、すこんと朝までしっかり寝て

化粧・ネイル禁止とのことで支度もほとんどかからず。

仕事に行くより早く家を出て、

朝イチで受付後、あらかじめ渡されていた坐薬を使用。

自分でするのはほんと難しい…

 

静脈麻酔なので付き添いは不要、帰りに迎えに来てと言われたのですが、夫が休んで1日ついていてくれました。

 

貧血検査の採血にすぐに呼ばれて、内診。

一度も見てもらったことのない先生…手術専門なのかな?

エコー結果、やはり状況変わらず。

そのまま術前処置になりました。

 

これが噂に聞いたラミナリアか…!

(掻爬手術、体験談を読みあさった)

卵管造影が本当に死ぬほど辛かったので

これも絶対痛いよなーあー怖い怖い怖い

とガチガチになっていたと思いますが、

坐薬が効いたのか、意外にもときどき うっ となるくらいで、無事最後まで耐えきることができました。がんばった。

 

そのまま待合で放置。寝かせてほしい。

3時間ほど置いておかれました。

その間わたしはひたすら手術のことや術後の痛み方について調べていたのですが、

夫は体質改善の方法や次へ向けた準備を探っていてくれました。

清田にお茶の専門店があって、不妊の人向けのものもあるとか。

漢方薬局でそういう方面に力を入れているお店があるとか。

うれしかったです。もともと協力的な夫ですが、彼からこういう提案をしてくれるというのはあまりなかったかも。終わって落ち着いたら、行ってみようか。

 

座っているのにも疲れ果てたころ、ベッドのある部屋に呼ばれました。

ここからは一人で行きます。

まず点滴を打たれ、しばらくして

前の方が終わったら手術室に入りますから、麻酔を効きやすくする注射打ちますねー

と肩に筋肉注射。いたい。

そしてまたしばらく待機。

 

次か。

とうとうお別れなんだな。

と思ったら、ちょっと泣けてきた。

 

順番が来て自分で歩いて手術室にむかいます。

内診台のような椅子があって、いつものように腰掛け、繋がったベッドにそのまま仰向けになったところで

両足を固定されました。

動いちゃうのか…

 

点滴をさしていたところから麻酔を入れ、いくつも数える間も無く半分意識をなくした…ような気がします。

いじられてる感覚があるわけではないのですが、完全には眠っていない。

ジェットコースターの類が苦手なんですけど、あれに無理やり乗せられて降りられないような。急流下りのほうが近いかな。

白黒の世界がぐるんぐるん回って気持ち悪くてたまらなくて、

(でも白黒なのが切り絵のアニメみたいでなんだかアーティスティックだな、なんて冷静に考えてる自分もいたり。)

お願いだ早くやめて気持ち悪いもうだめ、と思っていたら大きくぐるん、と回った感じがして(たぶんストレッチャーに乗せられた?)

次に気がついたら元いたベッドの上でした。

 

うっすら意識が戻ってくるとお腹が痛くてめまいがして喉が渇いて、

勝手に体が動きナースコール連打…ごめんなさい…

 

おなかいたい

気持ち悪い

お水のみたい

ということを必死に訴えているのですが意思とは無関係に口をついて出て来ていて、

看護師さん薬がそのうち効いてくるし水はまだダメって言ってんじゃん大人しく待ちなよ、と心の中で冷ややかに状況を見つめているやはり冷静な自分がいました。なんなんだ。

一眠りして麻酔が切れて意識が元どおりに戻った時、ぼんやりしていた時のことも全部覚えていて非常に恥ずかしかったです。

 

立ち上がり、トイレにも行けるようになったら大丈夫とのことで、術後たぶん4時間くらいで起きたんだと思います。

 

再び内診して状態確認。

ひどい出血もないし、きれいになっているとのことでした。

夫とも話し、わたしたちは染色体検査を依頼することに。

二週間後の検診で、今後の方針と検査結果の話をすることになるのでしょう。

 

大変な1日でした。

 

稽留流産

妊娠判明後、ずっと右下腹部の張りを感じていました。

張りと表現していいのか…内側から押されているような。

明らかな異常はないので、子宮が大きくなっているせいではないかということで、様子を見ることになりました。

 

陽性が出た後の最初の検診で、小さな胎嚢が確認。

6週目の半ばで、心拍が確認できました。

赤ちゃんは週数どおりに大きくなっているし、心拍も確認できました、順調です、と。

 

つわりらしきものも始まっていて、

えずくだけでなにも出てこない吐き気と胃の不快感がほとんど。

でも食欲は普通にあってなんでも食べられる。

しんどいけど想像していたほど辛くなかったので仕事も続けられそうだな、と思いました。

この時点で直属の上司に報告。

不妊治療していることは話していたので喜んでくれて、

大事にするように、休むことを躊躇しないでと言ってくれて、すぐにもっと上に掛け合って通勤時間をずらす手配をしてくれました。

朝の電車、混むので何もなくても辛かったから非常にありがたかったです。

 

このとき、仕事で資格を取らなくてはいけなくて、追い込み時期ということもあり寝るのが少し遅くなることが続きました。

そうしていたら、恐らく寝不足による貧血のような状態と若干のお腹の痛み…

怖くなって、今回ダメでもまた受けれるんだからちゃんと寝よう、と生活リズムを戻し。

 

試験と同じ日に病院の予約を取ってあったので、それを楽しみにできる範囲でがんばって、

夫にも心臓が動いているところを見せてあげたくて、

試験が終わり、夫に仕事を早上がりしてもらって、

一緒に病院へ行きました。

 

甲状腺の薬を続けるか判断したいということで採血し、

内診にはわりと早く呼ばれ。

一緒に内診室に入るのは初めてだったのでなんだか緊張するね、と言いながら先生を待ち、

内診が始まりました。

 

いろんな角度から胎嚢を確認してる。

先生はなにも言わない。

正常でないことはわたしにもすぐわかりました。

胎嚢の大きさの割に、赤ちゃんらしきところがあまりにも小さい。ほとんど黒く見える。

しばらくしてようやく、

 

ここが赤ちゃんになるところなんですけど

 

と切り出され、

胎嚢は大きくなっているのにここは前回の検診からほとんど大きくなっていないし、

心拍が確認できません

と。

血の気が引くのがわかりました。

ひとつひとつ説明されるのに返事をするのがやっとで、夫の様子を確認する余裕はありませんでした。

 

先生からはすぐに掻爬手術の説明がありました。

念のために術前にもう一度超音波で見て、間違いなければ取り出す手術をすぐにしますと。

 

会社に確認せずに一番早い日に決めてしまいました。

来週の早くに受けてきます。

 

完全に事後ですが上司に電話し報告。

勤務外でこんなこと聞かされてまた休む連絡で、だし

本当に申し訳なかったです。

手術の日と次の日は休みをもらって、そのあとは経過で相談させてもらうことになりました。

 

話しながら、涙が止まりませんでした。

夫が一緒にいてくれて本当によかった。

ひとりだったらどうなってたんだろう。

 

ここから2,3ヶ月回復を待つとして、わたしはさらに年を取ってしまう。

順調にいっていたとしても出産時には35になっているのに、

いろんなリスクがもっと大きくなってしまう。

それなのに子供を望むなんて、そんなのただのエゴじゃないのか?

でも、

じゃあここで諦めるのか?二人で生きていく覚悟はできるのか?

どうするんだろう。とてもまだ決められません。

 

妊娠したことも流産してしまったことも夢みたいで、

どちらも全く現実感がないのに

悲しみだけはこみあげるんですね。

今も、お腹の張りはそのままだし、つわりなのかときおり吐き気があって、なにも変わらないのに。

受け入れるには時間がかかりそうですが、手術したらもっと悲しくなってしまうのかな。

 

高温期19日目、そして

※今回長いです。そして、陽性判定の記事です。

 

この体温グラフ。

 f:id:yomogome:20170513235132j:image

いまいちな上がり具合から突然ぐんと。

一体何が…!?

 

思い当たるのは

前日の夜に飲んだタンポポ茶。

普段と違うこと、それくらいしか覚えがない。

 

以前生姜茶を買った時に、ついでに買っていたのですが、妊婦さんが飲むものか〜とそのまま仕舞ったきり。

しかしとある記事で体を温める効果があり不妊の人にも効果があると読み、そういえばうちにもあったなと思い出し飲んでみたのです。

まさかこれ??

 

そして迎えた

高温期19日目。

 

しかしわたしは冷静です。

前回の科学的妊娠(流産という言い方は本当は適切でないそうですね。先生がこういう言い方していたのでそれに倣います)で

この時期まで生理がこない=妊娠成立 ではないことを実体験として知っていたから。

 

でもこの日は鍼灸に行く日だったので、

もしも万が一仮にもしかして成立していたら、治療法も変わるはずだからもしかしたらを考えたら検査してみてもいいかな…?と思って、

目が覚めてまずは体温測ろうと。

わたしの使っている体温計は予測検温ができるものなのですが、

1度目のアラーム(予測)で36.61℃。

実測ではここからがっくり下がるのが常だったので「あー、生理くるな」と思いながら2回目のアラーム(実測)では36.74℃…

わたしにとってははっきりとした高温期の体温。

少しずつ強くなる動悸。

でも前回もこんなだったろう?

でも今日も高温維持してたら検査してみるって決めたんだ!

大丈夫わたしならどっちでも受け止められる!

と、ふらふらとトイレへ向かい準備。

ばくばく言ってる心臓。(小心者…)

震える手。

そして、1分後…

 

出た…

心の目で見なくても、はっきりと…

陽性…

 

インコのお世話で起き出していた夫のところへ滑り込み、

震えながら伝えた時にはもう大泣きしていました。自分でも意外なほど。

最近、もしかしたらわたしダメなのかな?って思い始めてて、夫に珍しく弱音を吐いてしまったりしていたので、いろんな感情が溢れでたという感じで。

夫もすごく驚いていましたが、

よかった、よかったと。

 

そんなこんなしてべそべそ泣きながら支度していたら仕事に遅れそうになりました。

 

次の日すぐに病院の予約を取って受診、

陽性が出たことを伝えると採血、そして内診。

もしかしたら勘違いかも、とまたドキドキしてきましたが

「たぶんこれですね」といわれたモニターにはちっちゃい黒い点が。

「胎嚢まで確認もできたし、妊娠してますよ」

ほんとうなんだ…ほんとうに。

お腹の張りがしばらく続いているのですが、それについてはホルモンのせいと思われるので、辛くて我慢できないというまでではないなら大丈夫ということ。

甲状腺の数値が妊娠の影響でまた上がってきてるので、もうしばらくチラージンを飲んで規定値まで下げること。

メトホルミンはいまある分を飲みきったら終わっていいということ。

あとは心配事(出張で飛行機に乗る予定があるとか、花粉症で飲んでる薬のこととか)をいくつか確認して、翌週の検診の予約をして、

先生と記録の看護師さんから「おめでとうございます」と送り出されて。

 

夫と

「これから考えることいっぱいでてくるね」

と話しながら、帰ってきました。

 

まだどうなるか全然わかんないけど。

検索魔して知識だけはついてきたから何があるか本当にわからないっていうのはわかってるけど。

どうか無事に出産までたどり着けますように。

 

 

 

☆今周期したいつもと違うことまとめ

鍼灸に通い始めたとき、翌日から3日ほど体温がぽんと上がることが多かったです。

最近は体が慣れてしまったのか、あまり上がらなくなっていましたが…

タンポポ茶のことなど、もしかするとわたし、「新しい刺激」に体が反応しやすいのかな?とおもい、まとめてみました。

 

タンポポ茶を飲んでみた

先ほども書きましたが、タンポポ茶のおかげか?体温が上がりました!

もしかすると妊娠していたためかもしれないけど、きっと良い作用してくれたんだろうと思って引き続き飲んでいます。

 

・お風呂に浸かるようにした

そんなの当たり前なのかもしれないけど、仕事してると毎日ゆっくり入浴時間取るのって難しくないですかね?

特にわたし、それほどお風呂タイムが好きではない(自分の好きなことする時間にあてたい)ので、なかなか続けられなかったのですが

せっかく上がった体温キープしたいと思いお風呂に入る時間を確保するようにしました。

入浴剤は炭酸泉がよいということなので、

きき湯ファインヒートというものを使いました。

効果は…よくわかりません 笑

 

・体を温めた

これも当たり前かもしれないけど…

なぜか夜は冷やさないように、と思い込み寝るときだけお腹周りを温めていたんですね。

それが、妊婦の友達に会ったとき、

「365日、夏でもハラマキしてる!」といわれ、なるほど昼夜関係ないのか…!と。

早速ユニクロのボディウォーマーを購入(時期外れだったので探すのに苦労しました)、常に身につけ、靴下もちゃんと履くことにして実行。

自分のからだに触って冷たいと感じることが減ったかも?

 

・ストレッチの回数を増やした

週一で通っていたヨガですが、体が慣れてくると週一じゃ物足りなくなり。

ヨガマット(安いのだけど)を購入、朝ちょっとだけ早起きして太陽礼拝という一連のポーズを5セットほど行うようになりました。

かるーく汗をかくし目も覚めるような気が。ウォーキングとかジョギングは性格的にあんまり向いてないような気がしてますが、ヨガは結構続いてます。

 

あとはたまたま着床時期に連休が重なって、ノンストレスで過ごせたのが良かったかもしれません…

休みの間は肩こりもなかったし。

 

せっかく得たチャンス、大事に生かしていくよいにしよう!

とりあえず、早寝しよう!!

 

レトロゾール飲み終わって

レトロゾール服用後、卵胞チェックの結果。

 

いい感じに大きくなってるし内膜も問題ないとのこと、

発育はしっかりしてくれた様子。

 

指示された通りタイミング取って、

いま粛々と高温期を過ごし進めているわけですが

 

なんだか体温が上がらない…

いつも以上に。

いつもなら、保てないけど36.7度を超える日が何日かは続いていたのですが

今回は36.5〜36.6℃台を行ったり来たり。

がくんと下がりもしないけど、ぐっと上がりもしない。

 

わたしの中ではいま何が起こっているのか…?

 

あんまり期待せず、のんびり過ごしてます。

仕事も少し落ち着いたし。

もうすぐ連休だー!

楽しみだなーどこも行かないけどー(´・c_・`)

次の手段

あれ、一ヶ月も空いちゃいました。

さすがの年度末、毎日踊ってるような忙しさ。死んだような目で帰ってくる毎日。

気がついたら4月…

 

先月のあらすじ。

長い高温期の末のリセット、残念ながらの化学流産。

しばらくのちまた通院の指示があり病院へ行きますと、本来検査可能な周期を大きく過ぎているにも関わらず

「卵育ってないね!選択的卵管造影やりましょう!」

 

( ˊ̱˂˃ˋ̱ )!!

 

その日は訪れたのです。

 

有給をとって再び、診察台へ…

造影の準備のため足元でいろいろされてる。

なかなか終わらない。

なにか抜けない抜けないと言っている。

前回ほどは痛くないと言っていなかったっけ??

気をぬくと意識を失いそうになる。

体の変なところに力が入りまくっている。

もう、もう、いっそ一思いに…!!

意識が朦朧としてきたところでようやく

「抜けた!!」(なにが??)

さあレントゲン室へ、しかし

貧血のようになって立ち上がれない。

(このとき顔はびっくりするくらい白かったようです)

がんばって写真だけ撮って!その後ベッドで休みましょう!と励まされ、

レントゲンそして人生3度目の車椅子。

そして、脂汗をかきながらただただめまいが落ち着くのを待ち、耐える。

 

(卵管造影がどんなものか検索で来てくださった方がいたら怯えさせてしまうかもしれませんが、

一例ということで。わたしはこんなでしたよ…)

 

でもがんばった甲斐はありました!

前回塞がっているかと思われた右側も通っていることが確認でき、

両方ともひとまず問題ないみたいです。

 

この周期もクロミッド服用。

5日服用では期待したほど育たなくて、3日ぶんお代わり。

のちの卵胞チェックでは、

排卵した後(のようなもの)があんまり見えないけどその前にあった卵がいなくなっているので

排卵した様子、と

はっきりした排卵日はわからないものの

指示に従ってタイミングをとりましたが、

高温期がなんだかいつもより短くて

体温もさっぱり上がらなくて

すごく潔くリセットしました( ˙-˙ )

すぱーんと。

うーん、なんだかいろいろうまくいってない?

 

そして今周期。

回数だけ見れば、まだクロミッドで行ってもいい。でもレトロゾールを試してみるのもいいかもしれない。

内膜が薄くなってしまう作用とかがないし、排卵がちょっと早くなるはず。多嚢胞の人にはいい薬だけど、保険が効かないので自費になってしまう。

どうする?と先生。

わたしは、レトロゾールを使ってみますと即答しました。

確かに子供を考えようとなってからの日数はまだ短いけど、体は順調に老いているんだ!笑

迷ってる暇はない!

わずかな負担増で可能性が高まるなら、やりますよ!!

 

そんな今期の結果やいかに。

次回ご期待ください。

 

レトロゾールってドラクエに出てきそうだね。