ことりと暮らす夫婦の話 〜不妊治療→妊娠の記録〜

さっぽろ在住、子供が欲しい夫婦の、試行錯誤やあれこれ。

33w3d 産科の後期母親教室

通っている産院の、32週以降の人が受ける母親教室に二人で行ってきました。

 

一緒に受ける人たちは大体同じくらいの週数、もしかしたら入院時にまた会うかもね、とのこと。

わたしたちが一番予定日遅かったです。

 

助産師さんによる講義で、

出産の時赤ちゃんはどんな風になっているのか?や、

夫婦それぞれの心構えなんかのおはなし。

 

そのあとに沐浴見学があって、

どこかでやったことある人?の問いに手を挙げたのは意外にもわたしたちだけでした。

みんなそれ系イベントあんまり行かないのかな?

可能な限りのイベントに参加しててマタニティスクール荒らし状態、と言ったらえー緊張するわー!と言っていました 笑

 

最後に分娩室と入院する部屋を見せてもらいました。夫のイメトレにもなるのでよかった。

SDカードを持っていけば、産まれたての姿を動画で記録してくれるそうです。忘れずに持って行かなきゃ。

分娩台は2台。これもしかしたらよその妊婦さんと並んで出産もありえるってことですね。

一応カーテンはついてるけど…大丈夫かな、暴言吐かないかなわたし…

いま流行りのLDRはないので、陣痛室から移動は自力。

分娩室はちょっと狭目なので付き添いは2人が限界かな。頭側に立つ感じで足元は見えないから、血がダメな夫もきっと大丈夫ですね!たぶん!ダメなら早めに言ってくれ!

 

 

担当の助産師さん、

わたしの先生と同じ名字だな?話し方もすごい似てるな?と思って

身内の方ですか?と聞いてみたら

娘さんでした!

似てるわけだー!

お母さん見て育って助産師さんになったんだね…なんかいいなぁ。そういうの。

わたしはぽこたろうにどんな姿を見せてあげれるんだろうか。

別にオタクになってもいいし(というかわたしたちの子なら避けられないでしょう)、人に迷惑かけなきゃなんでもやってみたまえと思う。

そのために、いろんなことを経験させて知るきっかけ、興味を持つきっかけをたくさん作ってあげたいなー。そこから何を選ぶかは本人の自由だ。

どんな人が出てくるんだろうなぁ。