ことりと暮らす夫婦の話

さっぽろ在住、子供が欲しい夫婦の、試行錯誤やあれこれ。

11w0d 初回検診

神谷レディースクリニック最後の日、

「産院への連絡は早めの方がいいよ。

明日にでも電話して、受診のスケジュール立てた方がいい」と助言をいただき

やっぱり産科が減ってるから予約は早めにしなきゃ行けないのか!と次の日即電話。

したところ、

「◯日から◯日の間で来院してくださいね〜」と指示を受けたのが11wになる週。

遠いな!

 

ようやくその日になったので、

休みを取ってくれた夫と一緒に行って来ました。

その前に、まず母子手帳の交付を受けに保健センターへ。わたしは2度目ですので…慣れたものです。

一通り説明を受け、ついでに保育園事情についてもさらっと聞いてきました。初動が早い方がいいんだろうしね。

そしてそのまま産婦人科へ。

初回は婦人科の時間帯に来てくださいということだったので、婦人科診療が午後のこの日を選んだのですが、どこもそうだと思いますが婦人科って混みますよねー。

午前診療が終わる時間に午後の受付のみ開始されるとのことなので、名前だけ書いてお昼を食べに一旦外出。時間ぴったりに着けたので2番目になったみたい。よかった。

その甲斐あって、戻って来て午後診療開始、それほど待たずに呼ばれました。

 

一年ちょっとぶりの診察。

先生はちゃんと覚えててくれて(そりゃ10年以上通ったしな)

渡した紹介状を見ながら

「タイミングでうまくいったのかー!」とか

「いろいろあったんだね、結構苦労してきたんだね」とか声をかけてくれて、

まずはとにかく、中を見ましょう!と、夫も入ってもらって内診へ。今日から経腹なのかな?と思ったけどまだ経膣でした。

11wともなると探す間もなくすぐにわかるんですね!モニターに映った赤ちゃんは、もにょもにょと動いていました!

「心臓探さなくても、手足元気に動いてるね〜

十分大きい!週数相当です!」と言ってもらえました。

夫は「すごい、動いてる…こんなにちっちゃいのに…」ととても驚いているようでした 笑

心臓の音も聞かせてもらいました。ドドッドドッと、力強くて速い!

 

診察室に戻り。

とりあえず今日は採血だけだそうで、

太い注射器でガンガン血を抜かれた後(いろいろ検査あるからね〜血使うんだーごめんねー!と看護師さん談)

この日聞かねばならないことが大きく三つ。

 

一つ目は休職の診断書。

職場からとりあえず安定期くらいまでの予定で休みなさいと言ってもらっているが、診断書か連絡カードが必要とのこと、書いてもらえるか?

これについては

「初期だし休ませてもらえる環境なら休んだほうがいい。カードでいいならすぐ書けるよ」とあっさり了承いただけました。

職場の保健師さんからは、先生の考え方によっては渋られることもあるかも…滅多にないとは思うんですけど…と言われていたので若干心配はあったのですが、これはクリア。

 

二つ目は甲状腺のこと。

検査結果の推移も持って行ったのですが紹介状にもちゃんと書いてありました。

で、これならチラーヂンは飲み続けなきゃいけないけどここでは出せないんだよね〜と。

札幌で有名な先生がいる病院があるからそこを紹介します、とのことで、新たな通院先が出来ました…予想はしていた…うん…

 

三つ目は、出生前診断のこと。

北大でできないとなってからずっと調べてはいたのですが、なんせ情報が少ない…

どこでどんな検査ができるのか?クアトロテストはやる意味がないのか?もうわたしたちの知識と経験では限界だったので、相談したかったんです。

答えは、ここでもクアトロテストはできる。ただし15週になってから。といってもこれはあくまでも確率しか出すことができない。

北大でできないとなったら、こどもっくるだったら相談する価値はあるかも。行く気があるなら聞いてみるけどどう?

はい。行き詰まってたわたしたち、その場で問い合わせをお願いしました。

 

終わり際、神谷先生がこんなこと言ってたとか、森若先生にも診てもらったとか、ちょちょっと雑談してきましたが、もっといっぱい話したいことはあったのに先生が忙しそうすぎて久しぶりなのにあんまり話もできないのが残念でした…仕方ないけど。

 

その後、

今後は予約診療になるとのことで次回検診の予約を14wのタイミングでいれ、

紹介状を受け取り、

お会計をして終了。

初回は助成クーポン利用で5,000円程でした。

 

なんにしても、赤ちゃん元気だったことに一安心!

次回はエコーの記録してもらうのにSDカードを持っていきます!

出生前診断

現在わたし、35歳。

 

予定日通りならば、出産時には36になっています。

 

この問題は考えなければならないと思っていました。

出生前診断

 

わたしは専門家ではなくネットで調べただけの素人なので、収集した結果の情報という前提でこれを書いていますが

方法はいくつかあって、

 

血液検査(クアトロテストなど)やエコー(胎児ドックなど)で検査するやり方。これは流産などのリスクはないけど結果を確定できるわけでもない。あくまでも確率しか提示できない。

 

羊水を取って調べるやり方。

これは確定的な遺伝子異常を確認できる。ただし赤ちゃんのいる羊水を採取するので、100%安全ではない。(いろいろ読んだけど、不幸な結果になる確率は低くてもともと経過が悪かった人が流産になってしまうことがあるというふうに読み取れる内容の文章があった。どうなんだろう?)

 

そして最近新しい検査方法が増えて、それが新型出生前診断、NIPTと呼ばれるもの。採血だけで検査できて、精度が高い。ただしこれも確定ではない。これを受けるにはいくつか条件があるけど、その一つが35歳を超えて出産するひとということで、わたしはこれに該当となる。

 

現在北海道で新型出生前診断ができるのは、

北大病院、札幌医大病院、旭川医大病院の3か所しかないそう。ただし札医大はそこで産む人のみが対象。旭川医大医療機関を通して予約してくださいとなっていた。

クアトロテストはどこで受けられるのか調べても出てこない…大きいところなら受けられるのかな?じゃあ羊水検査は?

 

考えたって素人、情報がなさすぎてわからないので、神谷レディースクリニックで聞いたときにここに聞いてみて、と教えてもらった北大病院に問い合わせてみたのですが。

 

9:40頃。

 

あの、出生前診断を受けてみようと思っているのですが…

 

「すみません、電話受付は10時からなので10時以降にお願いします」

 

早かった 笑

 

10:10頃 再トライ。

 

「予定日はいつですか?」

 

秋のこの日です

 

「そうするといまは◯週ですね」

 

(計算早!!)は、はい そうです

 

「どんな検査を希望されてますか?」

 

カウンセリングがあると聞いたので、そういうところも含めて相談できたらと思っています

 

「わかりました。

  予約状況を確認しますのでお待ちください」

 

 

「お待たせしました。

すみません、空きのあるのが最短で来月になるのですが、そのときの週数だと受けられるのが羊水検査しかありません」

 

(えっ いきなり羊水検査!採血とかできないんだ!)

 

「もしそれまでにキャンセルがあれば出来ますが、キャンセル待ちのご案内はこちらからしていませんので随時お電話いただくなどで確認してもらうこととなります」

 

そうですか…わかりました。検討します。ありがとうございます。

 

 

 

なんてこったい

予約いっぱいだったよー

 

実は前回の流産のとき、7wで予約を入れていたのです。

その後流産確定となり、キャンセルの連絡を入れた経緯があったので、

今回はもうちょっと待ってから…前回大丈夫だったんだし今回もきっと…

なんて思ってたら、だめでしたねー。

 

もしキャンセルが出たとしたら…きっとわたしと同じ思いをすることになってしまった人がいるってことだな。それを待つのも心情的になんだかな…

 

さてどうしよう。

産科にかかるときに相談でもいいけどそのとき11wだしなぁ。間に合うのかなぁ。

休職しましょう

卒院が決まった後、勤め先に報告しました。

 

というか、直属の上司には経過を伝えていたのですが。

週数も前回記録を超え、

もっと上長にはなんとなーく伝えてもらっていた状態から、いよいよ自分自身で報告することになりました。

そこで支社長 開口一番

「よし、休め」

 

(=゚ω゚)

 

え いまなんと?

 

「体も辛いだろうし、一番不安なのは自分自身でしょう?

いまが大事なときなんだよ。無理したって体にはよくない。何かあったらそれこそ後悔しきれないことになると思うよ」

同席してくれた副長も同意見と。

二人からの休め休めコール、まさかそんなことができるとは思っていなかったので動揺するわたし。

 

すでにつわりが辛くなっては来ているのです。

特に朝が辛くて、気持ち悪いと体が重いのコンボ、放出まではしないもののえずいてはなみだぐむ。何も出てこないのもそれはそれで辛い。ただ歯磨きすると朝食が全部戻ってくる。

倦怠感がひどく5分動いたら15分横になるを繰り返して家事が進まない。

夜は夜で気持ち悪い。食欲はあるのに食べると気持ち悪くなる。

世にはわたしより酷い人なんていくらでもいるだろうけど、それでも辛いものは辛い。

 

休職、願ってもないですが、

いきなり数ヶ月無給になるのも不安があるし。

でも確かに、辛いのをおして働いて何かあったら…とも考える。

 

結局、体の安心をとって、

ひとまず安定期までの予定で仕事をお休みさせてもらうことになりました。

その後は体調をみて考えるということで。

年度末だし、明ければ新人さんも入ってくるし、間違いなく忙しい時期なのですが。

非常に申し訳ないながら、本当にありがたいです。

 

4月に入ったら1日だけ引き継ぎで出社して、その後しばらくお休みです。

自分の中で予定していなかった展開だけど、ありがたく休ませてもらうことにします。

8w4d 卒院

一週間ちょっと日が空いての診察。

早く診てほしかった!

自分に大丈夫大丈夫と必死に言い聞かせるけど、不安でたまらない毎日。

ドキドキしながら行ってきました。

 

内診。

大きくなってる!

心臓も、ちゃんと動いてる!

人っぽくなってきた!

先生も「かたちになってきたねー」と言っています。

胎児は22ミリ。

ちょっと大きめだなぁ、と言われました。順調ってこと?

 

診ても特に気がかりなところもないし、以前見えていた怪しい影もきれいになっているので、問題ないですねと卒院が決まりました。

ただし甲状腺の数値は妊娠していることもあり上がってきているので、チラーヂンは量を増やして継続。産科で出してもらえなければ内科にかからなきゃダメかも、とのこと。

紹介状を書いてもらいましたが、前回のmtxのこと、なんて書こう…と悩んでおられました。

カルテには稽留流産となっているけど、厳密には胎嚢も見えてないしちがうよなぁ…て。

化学流産なの…かな??

結局なんて書かれたんだろう?

 

最後に看護師さんから薬と妊娠証明を受け取って、全て終わり。

お疲れ様でした、これから楽しみですね、がんばってね!と送り出されて、なんだか涙がこみ上げました…

わたし、結構がんばったよなぁ…

 

産科は、神谷先生のところに転院する前に通っていたクリニックに戻ることにしました。

というか、ずっとそう決めていたけど。

先生喜んでくれるかな。

引退前に戻れそうでよかったな 笑

 

近々、母子手帳をもらいに行かねば。

6w6d 卒院間近

前回よりもさらに力強く心臓が動いているところがみえました。

胎芽の成長は順調、胎嚢の大きさが前回と変わらないことに気づき指摘してみましたが、大事なのは赤ちゃんが大きくなることだから気にしなくて良いとのこと。

夫にも一緒にエコーを見てもらいましたが…

やはり、二人して半信半疑というか、疑っているわけではないけど でもねぇ…みたいな顔をしていたかのか、先生から

「大丈夫です、見えます?動いてますよ?」と念を押されてしまいました 笑

 

内診後、お話へ。

次回問題がなければ卒院。

最後に甲状腺の数字見ておきましょう、と採血確定。

産院を決めておいてください。

妊娠証明は次回お出しします

 

とのことでした。

 

いよいよ神谷レディースクリニックに通う日々に終わりが来るようです。

一年ちょっと。

いったい何回ここに来たっけ。

 

なんだか少しさみしいです。

5w6d 思いがけない心拍確認

前回の受診から、5日後。

 

いつものとおり右下腹部の張りを感じていたのですが、

この日はなんだか、いたい。

前日とは確実に違う…

気がする。

張るんではなくて、いたい。

たぶんなんともないんだと思います。

出血もないし。

うずくまるほどではないし。

どうすることもできないから、できることは安静にするくらいだから。

病院に連絡したところでそう言う返事が返ってくるだけだから。

そうはわかっていても

怖いものは怖い!!

 

電話してしまいました。

 

思ったとおり、

聞いた限りでは特に心配ないと思いますよ〜との返答。

ただ不安だったら診ることもできますよ、と言ってくれたので

 

行ってしまいました。

 

内診。今回もY先生。

胎嚢は大きくなっていました!

そして、

「あれ、心拍みえるね。わかります?これ。」

と拡大された画像には、

ぴこぴこしている様子が…!

(実は最初のとき、自分ではみていないのです。

先生に心拍みえてますよーとは言われたものの

どれがそれだかわからず…

まあ次も見れるだろうと思ったら、次はなかったわけなんですが。)

すごい感動。

すごい。

動いてる。

生きてる。

 

ただ…

別のところに動かしてみると、

卵胞のような大きめの黒いかたまりが見え、その近くに黒い点。

「んー…

 

  これ…いや…」

そういえば、卵胞は二つあったっけ。

もういっこはどこへ行ったんだろう?

 

「ひとつは問題なく着床して成長していますが、

もしかするともう一つが子宮外でこれが胎嚢の可能性も…可能性は低いんですが…」

 

ここでR先生が呼ばれ、二人がかりで診られることに。

ぐーりぐーり。

さすがに痛くなってきた…

 

しばらくぐりぐりされた結果、問題ないでしょう、という結論。

いたみも、さっきのかたまりは問題ないとして特に原因となるようなものもなさそうだし

出血の様子もないし

このまま経過を見て良いと思います。ということでした。

 

よかった。

診てもらえて安心しました。

 

いまは病院と職場が近いから、何かあれば駆け込むこともできるけど

産科はもともと行っていた産婦人科に戻るつもりなので

そうするとこうは行かなくなるんですよねぇ…

駆け込むようなことがなければいいんだけどねぇ…

 

4w3d 2月周期の自己検査指示日

 「この日まで生理が来なければ検査薬使ってみてください」の日。

生理が来ませんでした。

体温は変わらず高音キープ。

日曜の朝。

いつとはドゥーテストだけど、今回は安くなってたクリアブルー。

 

すぐに反応が出ました。

出てる。目を凝らさなくても見える。

でもすこしかすれてる…?

 

夫を叩き起こして

これ、どう思う?と見てもらいました。

前回のmtx投与のときの検査薬も、なんだか薄かったから。

初めての陽性のときは疑いようもないくらいバッチーンと出てたから。

でも、二人で見ても見えるものは見えるし、

病院へ行くことしかできることはない、

ということで翌日受診へ。

 

仕事が終わった後に行って来ました。

採血のあと、次に呼ばれたのは先生の部屋で、内診はありませんでした。

ああ、これはあまりよくない結果。

 

この日はI先生。

採血結果はhcg560。(んん〜デジャヴ〜〜!!)

「欲しい数字にはちょっと足りないです。

でもモワさんは生理周期がもともと長いしズレがちだから、計算が違うのかも。

5日後にもう一回診ましょう。

前回よりは多いですからね〜(なぐさめ?)」

 

とのこと。

判定は次回持ち越しとなりました。

 

3度目の陽性反応。

わたしは、妊娠はできる。

問題はその後だ。

いよいよ、不育の不安が大きくなって来ました。

 

そして5日後。

この日も仕事後。お腹空いてる。

まずは採血、いつも30〜40分かかりますよーと言われるのでコンビニでおやつでも買って来ましょうと外出を伝えたら

いま看護師から連絡が来ますのですこし待ってくださいと言われ

少ししてPHSが鳴り、出ると

先に内診してから外出してもらってもいいですか?とのこと。

??まだ10分ほどしか経ってませんが??

hcgの測定って、数値確定までは40分くらいかかるけど、十分な量があるときは短い時間でも確認できる、みたいな感じなのかな?

医療者じゃないので全然わかりませんが、血液をぽたぽた濾過してるようなのを想像…

それで内診まで呼ばれたということは、数字は上がったということ?

夫から向かっていると連絡が入りましたが

いま内診呼ばれてしまったと返し、

見てもらうと

いました。

ちゃんと子宮のなかに。

自分で見て あ、これだなってわかりました。

いてくれた…

 

夫が着いて、いっしょに話を聞いてくれました。

この日はY先生。

「日数的に考えて、hcgの値も胎嚢の大きさも順調と言っていいでしょう」と。

 

正直に言って、無邪気に喜べはしません。

この後に悲しい思いをする現実があることを身をもって知ってしまったので。

だけど、ひとつひとつ越えていかないと

得られないんですよねぇ…

 

次は心拍の確認。

ひとつ大きな関門ですね。

落ち着いてー

不安になりすぎずー

過信せずー

がんばれーわたしー