ことりと暮らす夫婦の話

さっぽろ在住、子供が欲しい夫婦の、試行錯誤やあれこれ。

漢方薬局に行ってみた

ある日の仕事終わり

友達と待ち合わせ。

時間まで1時間強あったので

 

漢方薬局に行ってみました。

 

飛び込みです。

予約も何もしていませんため、

この日はざっと話だけ聞いて、

後日より詳しく状態を確認してどんな漢方薬を処方するかご案内しますとのこと。

 

そして改めての訪問。

わたしの治療歴と体の気になるところ、

生活スタイルなどをお話しして、

出てきたお見積り

「フルラインで処方すると6万強ですね」

 

6まん

 

ひと月ですか?

 

「ひと月です」

 

いやいやいやいや

無理無理無理無理

それハイわかりましたお願いしますって言える人がどれだけいると思って?

子供欲しいならお金積んでくださいねってことかよ〜〜限度があるわーーー

 

そして金銭面の他にも、

前向きに検討できなかった理由が。

途中から夫が合流してくれたのですが

「あの人、ツマちゃんに合わなそう」

そう、わたしもそう感じていたんです。

なーんとなく、

あ、この人に任せてみようとは思えないかもー という感覚。

そんなわけで飛び込みで訪問したお店は見送りになりました。

 

ただ探してみると不妊に力を入れている漢方薬局は札幌にもいくつかあるようなので、

いま飲んでいる当帰芍薬散があんまりかな?と思ったら相談だけでも行ってみようと思います。

 

鍼には相変わらず、通っています。

流産を告げるのがちょっと気まずかったけど、

とっても残念がってくれてゆっくり話しを聞いてくれて

なんだか助けられたし、

ここも婦人科に力を入れているからか

やっぱりこういうケースも少なくはないようで、

変な言い方ですが慣れているのか

腫れ物に触るような雰囲気ではないのがありがたく

それからも週一通うペースは変えずにいます。

ついでに肩背中のコリに対しても施術してくれるし、

なによりいつも担当してくれる人が好きなんですよねぇ。話しているのが楽しいです。

他の患者さんのデータから、術後何周期おいて再開するのが多かったのか調べてくれてたのは嬉しかった。

週一のちょっとした癒し。

 

術後処方された薬を飲み終えました。

次は生理を待って、終わる頃に子宮鏡検査。

土曜日にうまく当たってくれれば休み取らなくていいんだけどなー